検証!「カフェ会ビジネス !」長倉顕太氏、小川寛登氏 口コミ 評判!

<特定商取引法に基づく表記>

*主催・企画運営 IPS株式会社

*運営統括責任者 長倉顕太

*電話番号 080-3750-4652

*所在地 東京都品川区東五反田2-10-1 3512

*お問い合わせ先 seminar@kentanagakura.com

*返品・不良品について 本商品に返金保証はありません。

*表現、及び商品に関する注意書き
(抜粋)

・決済処理後は、原則としていかなる理由があっても、キャン
 セルができません。十分にご注意の上、ご購入下さい。
・各商品は、全てのケースにおいて万能である保証はしており
 ません。
・各商品は「収入」や「稼げること」を保証するものではあり
 ません。

長倉顕太氏、小川寛登氏の「カフェ会ビジネス!」 口コミは? 評判は? 評価:ダメ商材です!

今回の長倉顕太氏のオファーのLPでは、

「そして、私と小川さんは、そんな
 だれでも、
楽しくカフェでお茶しながら、

 人を集めて、
お金も稼げてしまう、
 カフェ会ビジネスの情報を、
無料で公開して
 いくことにしました。」

というセールス文言で、キャッチコピーは、

「人生を変える出会い」を生み
「誰でも稼げる」ようになる!
 常識を覆す新しいビジネスモデル
 カフェ会ビジネスとは?

…というもの。

LPからメールアドレスを登録後、セミナー予約のページに移動
することになりますが、

そこでは、

「SNSでの集約はもう不可能な時代!」

などと言っています。

要は、

「最近では、ネットでの集客やSNS(FacebookやLINEなど)
 での集客が出来なくなってきたため、リアルな場での集客
 をしよう!」

というわけで…

「カフェを借りて、数千円の参加費で、カフェ会を開き、
そこで出会った人をビジネスに繋げる…ビジネス!」
ということを言っているわけですが…

「えっ?」、と思ってしまいますね…

みなさんご存知のように、

スマホの普及が著しい今では、ネットやSNSでの集客は
まだまだ可能ですし、

特に最近はLINE@を使っての集客も多いことから、

SNSはもちろん、ネットを使った集客力は、不可能どころか、
今でも、ある意味最強の集客ツールとも言えるでしょう。

むしろ、

リアルビジネスよりももっと容易に集めやすくなるので、
長倉顕太氏の言っていることは、

自分の商品を売りたいために…他を否定するという典型的
な手法で、ロジックにも無理があります。

一方で、

リアル集客の方が、ネットを使う集客より有利な面も、
いくつかあります。

・実際に顔を合わせるので、信頼感が増す
・濃密な関係が生まれやすい
・高額な商品やサービスが売れやすい

…などのように、メリットも確かにあります。

ところで、

この「カフェ会ビジネス」の無料オファーは、

登録すると、小川寛登氏と長倉顕太氏による
「カフェ会ビジネススタートアップセミナー」
へ案内されます。

無料セミナーではなく、

参加費5000円の、立派な「有料セミナー」です。

しかし、

問題は、「何を、どう教えるのか?」ですよね?

ここで、その「カフェ会」なるものについて、
もう少し考えてみましょう。

「カフェ会」なるリアル集客というか、ミーティングで、

誰か、有名で実績のある人の話が聞けるとか、その人から
何かを得るような「集まり」であるのであればともかく…、

ただ「集まる」だけなら、自分が「儲ける」ことには
つながりません。

要は、「何か」を売らなくちゃいけませんよね?

で、ここでは、長倉顕太氏も小川寛登氏も…

「何を売る」とも、「カフェ会で、何で儲かるか」については、
何にも言っていません。

それは、そのセミナーで…になるのですが、

ここで、長倉顕太氏が今までオファーしたものを見ると…

・原田翔太氏と組んだ、ネットビジネス年収1億円程度の
 ”ザコ”を一瞬で抜き去り、ダントツの売り上げを上げ
 続けるという…「普遍の法則」

・やはり原田翔太氏と組んだ、門外不出の究極コンテンツ
 マーケティングノウハウを全て授けるという…
 「スーパープロデューサー養成オンライン講座」

・井口晃氏と組んだ、世界で話題の新職種「エキスパート」
 で先行者利益を獲得という
 「エキスパートユニバーシティ『第0期生』募集」

いずれも、通常コースで50万前後の高額案件がリリースされて
おり、プレミアムコースといったものは数百万もの高額バッグ
エンドが打ち出されている商材もあります。

しかも、こういった高額案件の入り口は、今回と同じように、
5000円のセミナーがフロントになっているんですよね…。

一方で、

小川寛登氏は、5ヶ月前にFBを通して、CCOFEE MEETING
(近いけど遠いあの人とお茶してみよう!)なるものを
載せるも、登録数は0。

…となっています。

何か…いろいろ臭いますね…

「今回は5000円のセミナーだから、バッグエンドはない
 だろうな…」なんて考えるのは「甘い!」でしょう。

今回のセミナーも、最終的には高額塾が待ち構えており、
20万円から30万円くらいの商材の勧誘があると予想
できますね。

セミナーに行けば、独特の雰囲気があって…、購入せざるを
得ない状況がつくられていて…危ないですよ!

とにかく、

今回は特に、「何か」の商品や手法の販売ではなく、

「『カフェ会』を集客手段として…とするセミナー」

だけしか言っていないオファーですので、それに5000円を
出すというのも…というところでしょうね。

いずれにしろ、

集客手段は、ネットであろうがリアルであろうが…

「商品がないと売れない = 儲からない!」

ですから…。

このセミナーには場所の提示がなく、おそらくネット上での
セミナーになるのでしょうが、

そうなると、ますます…

「ただセミナーを販売して、あわよくば高額塾やバックエンド
 で稼ごう!」

という意図が透けて見えてきます。

あ、セミナー誘導の動画です。

何か…真剣味もないし…何を言ってるのか…
よく分かんないですね。

まぁ、ここでの評価は、総合的に見て、「ダメ商材!」という
ことになりました。

このページの先頭へ