検証!「チャレンジ一年生モニター!」松本のぶよし氏、山上ヒロシ氏 口コミ 評判!

チャレンジ1年生1

<特定商取引法に基づく表記>

*運営者 株式会社ゴールド 松本のぶよし 

*所在地 東京都目黒区青葉台1-27-10

*電話番号 03-6712-2723

*メールアドレス we@pay777.xyz

*URL http.//go-ldk.com

松本のぶよし氏、山上ヒロシ氏の「チャレンジ一年生モニター!」 口コミは? 評判は? 評価:怪しい商材です!

「新かんかく、新たいけん!
 チャレンジ1ねんせいモニターになって
 30日間で30万円稼いでください!!」

という、普通なら漢字で書くところを”ひらがな”で、
わざと”幼稚”に書いてあるキャッチコピーのオファー
ですが…

チャレンジ1年生2

「6歳児が親の収入を超えた!」

などと、あり得ない意味不明なキャッチコピーで登場した
のは、松本のぶよし氏と山上ヒロシ氏によるオファーです。

「月収30万円保障のお仕事」
「あいうえおが打てればOK」

などと、正に「楽して稼ぎたい!」という層をターゲットに
しています。

そして…

チャレンジ1年生3

…と、「モニター」が急に「入学」となっているのも
おかしい話ですよね。

実はこの案件、

数ヶ月前から、オプトインやFacebookで広告しまくり、
あちこちで拡散されています。
 
まず、

「30名限定の高待遇モニター募集」という名目でリスト
取りをしていますが、登録すると、山上ヒロシ氏から…
「残念ながら落選しました!」というメールが来ます。

”察しの良い方”はここで気が付くかもしれませんが、
30名の高待遇モニターなんて、誰も当選しません。

そもそも募集期間が明確に設けられていないのに、
どうやって抽選をするのか…という話ですよね。

そのメールの2日くらい後に、スペシャルモニターに
当選したとメールが来ます。

「高待遇モニターの代わりに、ワンランク下の
『「50名限定のスペシャルモニター』という形で
参加すれば、本来18800円の商材代金を3000円割引
価格で購入できる」

と勧誘されます。

まるで「お得でしょ?」と言わんばかりですが、恐らく、
この「スペシャルモニター」は外れる事がないのでしょう。
 
最初から15800円で販売するつもりだったのを、こう言う事で
「お得感」を出そうとしているのでしょうね。

実は、この商材は、

チャレンジ1年生4

山上ひろし氏の「新感覚マジックビジネス」の焼き直し
です。

そもそも、特定商取引法に基づく表記からして、完全に
焼き直しということがわかりますね。

「チャレンジ一年生モニター」では、

 *運営者 株式会社ゴールド 松本のぶよし 
 *所在地 東京都目黒区青葉台1-27-10
 *電話番号 03-6712-2723
 *メールアドレス we@pay777.xyz
 *URL http.//go-ldk.com

となっていますが、

「新感覚マジックビジネス」では、

 *運営者 株式会社マジック 松本宣義
 *所在地 東京都目黒区青葉台1-27-10
 *電話番号 03-6712-2724
 *メールアドレス welcome@mg947.com
 *URL http://mrmg.biz/ml

つまり、前回と変わったところは、

*株式会社マジック ⇒ 株式会社ゴールド
*松本 宣義 ⇒ 松本のぶよし
*山上ひろし ⇒ 山上ヒロシ

…と、会社名と名前の綴りを変えています。

こういうのは、前回の商材が悪評だったために名称を
変えるという、いわゆる「検索逃れ」でしょう。

さて、動画ですが…これがまた、酷い出来で…

特にインタビュアーの女性の「棒読み」が酷いですし、
おそらく、今までで「最低」の出来ですね。

こちらは、「新感覚マジックビジネス」の動画。

出だしだけはチョット変えていますが、全く同じ動画です。

おまけに動画の中に出てくる山上ヒロシ氏が乗っている
高級車が笑わせます。

チャレンジ1年生5

なんと…

「わ」ナンバーの、レンタカーじゃないですか…。
おかしいと言うより、なんだか「哀れ」に感じますね。

さて、内容ですが、

そのビジネスモデルと言うのが、中国への輸出転売で、
狙う商品は「赤ちゃん用紙おむつ」です。
 
赤ちゃん用紙おむつを大量に仕入れて、

それを株式会社ゴールドに、指定された金額で買い
取ってもらうという流れです。
 
赤ちゃん用紙おむつなら何でもいいわけではなく、
株式会社ゴールドから商品指定をされるのですが、
 
赤ちゃん用紙おむつ自体が、中国転売業者や、中国人
観光客の爆買いなどにより非常に仕入れが困難です。

これは、少し前にニュースなどでも取り上げられて
いましたよね。

しかも、株式会社ゴールド=マジックが指定する
最低個数は50個で1セットです。
 
仕入れだけでも難しいのに、50個もの紙おむつを
買い取ってもらうまで自宅に保管しておかなければ
いけないのも”しんどい”ですが…

その上、「保証金」という名目で商品の仕入れ総額の
30%を株式会社ゴールド=マジックに、先に支払う
システムになっています。
 
この「保証金」のせいで、一生懸命仕入れて、買い取って
貰っても、初回はどうしても赤字になるようです。
 
一度指定された商品を買い取って貰ったのであれば、
次回からは保証金は必要なくなるそうですが、次回は
サイズ違いで同じ商品を仕入れる様に指定されます。
 
サイズが違えば、仕入れもまた変わりますので、同じ
方法では仕入れ辛くなります。
 
保証金で赤字になっているのに、仕入れ方法を新たに
して、また50個もの紙おむつを仕入れなくてはならない
というのは、かなり酷いですね。
 
こう見ると、販売会社はこの「保証金」で自分だけ儲かる
ことだけを目的としているのではないでしょうか。
 
買い取って貰うたびに次の仕入れを困難にされれば、
普通なら挫折しますね。
 
実践者が挫折して仕入れが出来なくても、「保証金」は
払ってもらっているので、販売会社は儲かります。
 
仮に実践者が根性を出して仕入れたとすれば、その商品を
中国転売すれば、自分は儲かります。
約束の買い取り金額を支払っても、自分は儲かるという事です。
 
つまり、

販売会社はどう転んでも儲かる様なシステムですが、実践者は
金銭面でも労力面でも”割に合わない”システムになっています。

しかも、

15800円の商材のPDFデータの内容にはビジネスモデルが書か
れていて、そのビジネスモデルに参加するという流れですから、

この15800円の商材もフロント商品としてのもので、この後に
さらに、高額なバックエンドが待ち構えているでしょう。

総括的に…

・この商材は以前のオファーの「焼き直し」で、 大体3〜4カ月
 おきにLPを変えてオファーしてること。
・LP毎に名称を変えて、「検索逃れ」をしていること。
・「モニター」の募集を謡いながら、実際は「購買」させようと
 していること。
・レンタカーを使用しながら、あたかも自分の高級車のように
 視聴者を欺いていること。
・実践者に”犠牲”を強いながら、”販売者だけ儲けよう”として
 いること。

などなど、本来ならば「最低商材!」というところですが、
そのやり方が卑劣で図々しいところから…、

ここでの評価は、

「超怪しく、買ってはいけない商材!となりました。
十分に気をつけてください。

このページの先頭へ