検証!「THE気絶 ネットビジネス進化論!」石田健氏 口コミ 評判!

the%e6%b0%97%e7%b5%b6%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e9%80%b2%e5%8c%96%e8%ab%96

<特定商取引法に基づく表記>

*販売会社 アカデミアジャパン株式会社

*代表取締役 石田健

*所在地 東京都港区六本木6-1-24ラピロス六本木5階

*電話 03-5413-5001


*メールアドレス ishida@namni.net

*販売URL http://www.ijk8.net/kizetsu/p/index3.html

石田健氏の「THE気絶 ネットビジネス進化論!」 口コミは? 評判は? 評価:う〜ん、微妙です!

数日前になりますけど、あるネットビジネスでは著名な方から、

「今年1番のニュースです!」

…という件名のオプトインメルマガを手にしました。

このオファー、「THE気絶 ネットビジネス進化論」は、
期間限定の無料動画講座となっているのですが、

・このオファーは数種類あること、
・継続して募集する可能性があること、
・今後、このオファーのオプトイン・アフィリエイトが拡散
 する可能性が大きいこと

などから、

期限期間は過ぎましたが、改めて検証したいと思います。

さて、

このオファー、他にも、ちょっとニュアンスを変えたり表題を
変えて募集をしています。

the%e6%b0%97%e7%b5%b6%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e9%80%b2%e5%8c%96%e8%ab%96%ef%bc%93

the%e6%b0%97%e7%b5%b6%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%8d%e3%82%b9%e9%80%b2%e5%8c%96%e8%ab%96%ef%bc%92

行き着くところは同じ、「石田塾」です。

ここで、

このオファーをオプトインした著名なアフィリエイターが、
(このようなアフィリエイターを「煽りエイター」と皮肉を
 込めて呼ぶ人も結構多いですが…)

「今年1番のニュース」と言った根拠でもある「石田健氏」に
ついて、少し書かなければなりません。

石田健氏は、

2004年に、日本初のインターネットマーケティングの私塾
である「石田塾」を開催しました。

この石田塾は、2004年の第1期から第7期の2007年まで販売
され、延べ2800名が在籍したと言われています。

第1期塾開催の2004年当時は、

今でこそどこでも目にするような高額塾もなかったため、
この石田健氏はネットビジネス塾のパイオニア的存在で、

現在ネット業界で、善くも悪しくも重い存在である
インフォプレナーの多くは、「石田塾」塾生だった…
という、いわば大御所的存在でもあります。

もちろん、「石田塾」を終えた全員が「稼げるようになった」
わけではありません。
ほどんどの人は、途中で挫折したり、「稼げなかった!」と
苦情を言う人も大勢いたわけですが…

そして、2007年に第7期の募集をしてから、しばらく高額塾
などのアクティビティーを休止していました。

「今年1番のニュース」というのは、その石田健氏のカムバック
という意味だと思われますが、つまり、今回が第8期生の募集と
なるわけです。

さて、この「石田塾」では、アフィリエイトで稼ぐ方法を提供
しているのですが、

具体的には、

・SEO対策でサイトを上位表示させて稼ぐ方法
・メルマガを発行して稼ぐ、メルマガアフィリエイト
・商品を紹介するアフィリエイターから、自身のコン
 テンツを販売するインフォプレナーになる方法

等を教えてきました。
俗にいう、「大きく稼ぐ方程式」ということでしょう。

今では「ネットビジネスのバイブル」とも言われる、
和佐大輔さんの「ネットビジネス大百科」がリリース
されたのが2007年の5月ですから…

その頃に「石田塾」の第7期を終えたということは、
正にネットビジネス業界の古株の一人と言えます。

ちなみに…ですが、

石田健氏は現在、このオファーの販売会社である
「アカデミアジャパン株式会社」の代表取締役です。

アカデミアジャパン株式会社では、今まで数多くの
高額塾を販売してきました。

「さゆり塾 七瀬さゆり氏」 販売価格 218,000円
 
「篠原塾 篠原一貴氏」   販売価格 278,000円
 
「丸山塾 丸山広樹氏」   販売価格 298,000円
 
「海信ゼミ 兼崎秀治氏」  販売価格 198,000円

この他にも、「市原塾」など数多く販売を続けています。

さて、前置きが長くなりましたが、期間限定で募集して、
登録すると配信される動画を見てみましょう。

動画の中では、

・銀行口座には常に2億円くらい…

・<ナマケモノ思考>を使えば、あなたは
 ”人間を超える”ことができる

・メール1通送ってみたら、利益4000万円もあがった

などという扇情的なキャッチコピーが出てきますが、
要は、

自分の成功ストーリーを語り…
最初は、「サイトアフィリ」から始めて…
情報発信に切り替えて「大儲け」した…など、
まぁ、はっきりしたことは言わず…、
通常のパターンの内容です。

その他、このオファーの特徴として、「思考」とか
「マインド」ということに言及していることですが、
これは「石田塾」に共通して言えることでしょう。

確かに、

ネットビジネスでは「思考」や「マインド」というものは、
非常に大事な要素であることは間違いありません。

しかし、「思考」とか「マインド」というのは、一番大事
でもありながら、とかく「抽象的」になりがちで、具体像が
掴みにくいものです。

石田健氏が言うように、

『思考パターン』と『スキル』というものは、大事である
ことには違いはありません。

思考だけじゃ稼ぐことはできませんし…

ノウハウはあったとしても、何かの困難を乗り越えようと
する時に、適応すべき「思考」がなければ前に進みません。

つまり、「スキル」と「思考」はセットのようなものです。

それはそうとして…、

このオファーの問題になるところは、

もちろん動画全編を見ても「ノウハウ」は手に入りませんし、
かと言って「石田塾」という、おそらく20万円〜30万円という
高額な受講料を払っても…

ネットビジネス初心者にとって、複雑で難解なものになると
いう危惧があることです。

そもそも、

「石田塾」で教えるという、

・SEO対策でサイトを上位表示させて稼ぐ
・メルマガを発行して稼ぐ
・アフィリエイターから、コンテンツ販売

という方程式で大きな実績を上げたいのであれば、
それぞれの分野で、自分自身で既に実績を上げて
いなければなりません。

誰しも、「実力のない人物」から物事を教えてもらい
たいとは考えないからです。

それに、

そうじゃないことは、いずれバレます!

ですから、まず、自分の実績を上げるのが先であり、

ここが、初心者にとっては、とてつもなく難しいこと
でもあるわけです。

アフィリエイトをきちんとするには、時間も手間も
かかります。

ところが、

「石田塾」では、膨大な量のPDF文書を読むことを強いられ、

ついていけないまま…、
最終的には、

「『石田塾』をアフィリエイトしていこう!」

で終わりになる可能性があるということです。

「石田塾」通算2800名の受講生の中には、もちろんその後
成功した人もいるでしょうが、

それは、全体の何パーセントでしょうか?

冒頭に書いたように、ほとんどの人は
「挫折」しているのではないでしょうか?

ここに、

2006年に参加された、「稼げなかった塾生」の…
2チャンネルに投稿されたコメントがあります。

「2006/03/32(土) 22:29:20 


石田塾はネズミ購です。

 35万円払って、ブログをつくりなさい、
メールマガジンを
 作りなさい、
と言われるけど、誰も稼げない。
 


そして最後に案内が来るのが、
「石田塾高額アフィリの
 お知らせ」です。

 


『アフィリエイトで稼げない人は、
石田塾に塾生を1人勧誘
  すれば5万円払います。
  


だからがんばって取り返しましょう。』
 
 という案内が最後に連日のようにやってきます。




 そうなのです石田塾が養成しているのは、
次の石田塾生を勧誘
 する塾生を養成しているのです。




 だから短期間に石田塾は5億円以上の現金を集金しています。



 一期生は150人、二期生は500人、
三期生は1500人
 と、
塾生が自分の35万をとりかえすために
どんどん煽り勧誘
 する。



 これが石田塾の実態です。
 
 今も夜中まで勧誘方法のメールが届きます。
 皆さん騙されないで下さい。」

これでは、初心者は決して稼げるようにはなりませんね。

一応、「ご参考に…」です。

さて、この商材の評価ですが…

石田健氏が、今まで実績があり、現在のネットビジネスの
パイオニア的存在であることはそれなりに評価した上で、

・現在のネットビジネス界の状況を考えると、「簡単に稼げる」
 式のオファーの氾濫に、石田健氏自身が現在も影響を与えて
 いる可能性は否定できないこと。

・初心者には、具体性に欠け、難しい内容であること。

・結果的に、このオファーの「石田塾」をアフィリエイトする
 のが目的になっていることも歪めないこと。

などから…、

ここでの評価は、「う〜ん、微妙!」になりました。

このページの先頭へ