検証!「神リッチプロジェクト!」神王リョウ(山本亮)氏 口コミ 評判!

神リッチプロジェクト1

<特定商取引法に基づく表示>

*販売担当事業者 株式会社カーロット

*運営責任者 榊原隆史

*所在地 大阪府大阪市中央区南船場2-10-28
     下村ビル 5F

*電話番号 06-4708-3201

*メールアドレス info@ir-car.com

*販売ページURL http://ir-car.com/t_cr2/index.html/

*販売価格 298,000円

神王リョウ(山本亮)氏の「神リッチプロジェクト!」 口コミは? 評判は? 評価:う〜ん、微妙です!

今回の神王リョウ(本名:山本亮)氏によるオファーは、

以前から販売されている商材で、定期的に募集している
ものです。

神リッチプロジェクト2

内容的にはバーションアップしたということですが、

昨年の販売価格は198,000円でしたから、
今回のオファーでは10万円高くなっています。

さて、この「神リッチプロジェクト」は、株式投資で
28歳の若さで30億円という資産を作り、マスコミにも
登場している神王リョウ氏が…

2001年に、

「投資で億万長者になるための暗号」というべき
 モノを発見&解読した」

ということで開発した手法を、スクールという形で
公開するというものです。

ランディングページでは”数万円”から取引が可能と
書かれていますが、それは事実としても、

「大きな利益」を得るためには、数百万円単位の取引で
なければ、「儲ける」ことはできないので…

まず”軍資金”が必要になってきます。

また、LPでは「1日30分の作業」ということですが、

実際には、常に相場をチェックしなければいけない
「ノウハウ」を教わるので、

取引は”30分”でも、相場が大きく変動した瞬間を逃さない
ように、常に相場をチェックし続ける必要があります。

要は、「時間」と「軍資金」がないと、大きく稼ぐには
無理でしょう。

今回のオファーでは、最近よくあるようなローンチの
かかった何回もの動画とコメント収集というのではなく、

最初の”長〜〜〜い”ランディングページにいくつもの
動画があります。

その中でインタビューに応じている動画がありますので、
とりあえず見てみましょう。

さて、今回のスクールのキモとなるのは神王リョウ氏が
開発した”手法”ですが…

それは「スパイダー投資法」と名付けられた手法です。

「スパイダー投資法」というのは、蜘蛛(クモ)が獲物を
狙ってワナを張るところから由来しているように…

”追いかける”のではなく、”ひたすら待つ”という戦略です。

また、

投資は全て勝てるわけでないという、ごく当たり前の前提に
立ち、損失より儲けが多くなるようにリスクを抑えた投資法
といえましょう。

神王リョウ氏の投資戦略は短期トレードであり、出来高分析
とファンダメンタルズ分析を基本としています。

ファンダメンタルズ分析というのは、

雨風その他外的要因によるワナの損壊を最小限に防げる
立地を選ぶことで、ある意味非常に王道で、シンプルな
投資戦略です。

スパイダー投資法のいくつかのポイントは…

1.東証1部の有名銘柄しか買わない
2.相場の予測はしない。チャートを見て流れに乗る
3.上昇基調にある銘柄のみをターゲットにする
4.10%の含み益で仕切り、2%の含み損で損切りする
5.勝率は40%でOK(4勝6敗)

つまり…

10% X 4回 = 40%(勝ち)
2% X 6回 = 12%(負け)
40%-12% = 28%(利益)

というパターンで投資するとのことですが…

勝率40%というのはリスクリワード(利権と損切りの
バランス)から導き出しているのでしょう。

しかし、

この通り誰でも出来るかというと…疑問です。

そこで神王リョウ氏は、

神リッチプロジェクト3

…と、

あたかも自分を「天才」と位置付けて、誰でも
天才になれるかのように言っていますが…

自分を”天才”呼ばわりするとは…恐れ入ります。

しかし、

もし、神王リョウ氏が天才肌の投資家であれば、
おそらく”直感的”な投資判断などに優れた資質を
持ち合わせているのでしょうが…

第3者が同じように再現することは、非常に困難
だと思います。

何せ、天才がゴロゴロしているわけでもないですし。

さて、

2006年に神王氏が開いていた「ir投資スクール」と
今回の「神リッチプロジェクト」の講義内容は、
非常によく似ています。

つまり、9年前の手法と同じものを学ぶことになる
可能性もあります。

株式投資の手法は日々変わっており、以前儲かった
方法が今も通用するとは限りません。

少し前に流行った、ストップ高に張り付いた銘柄を
買って翌日の寄りで売るという方法もありましたが、
今はそのやり方ではあまり儲からなくなりました。

相場は、「生き物」なのです。

ところで、

このオファーのランディングページの冒頭には、

今回のオファーは…

「ある理由により、最後の募集になるかもしれません」

と言っていますが、

そう言いながらも、毎回の募集時にはそう書かれていて、
販売を終了しては再び販売開始を繰り返しています。

ここで、

ネットビジネス界では良く聞く話ですが…

あるビジネスモデルが本当に儲かるのであれば、
他人にその儲かる秘訣を教える人はいません。

競合が起こり、儲けが少なくなるからです。

仮に以前は儲かる手法だったとしても、もうその手法
では儲からなくなり出すと、教材として販売しようと
考えるというのが、普通に行われています。

神王リョウ氏もこの手法で富を作り、10年の間毎年
2億円以上稼ぎ続けているとのことですが…

神王リョウ氏が”天才”なだけに、

そろそろこの手法の神通力も通じなくなると感じた
のでしょうか?

今のうちに商品化して、出来るだけ稼ぎたいという
思惑があるのかもしれません。

「最後の募集」というのは、”その時”を想定した
のかもしれませんが…

その辺りも”冷静に”判断する必要があるでしょうし…

また、神王リョウ氏の「スパイダー投資法」は、
投資初心者には再現が難しい手法です、

それらを総合的に検証して、ここでの評価は、
「う〜ん、微妙!」となりました。

このページの先頭へ