検証!「フルオートメーションバイアウトビジネス!」平良俊郎氏 口コミ 評判!

バイアウトビジネス1

<特定商取引法に基づく表示>

*商品名 フルオートメーションバイアウトビジネス

*販売会社 株式会社RVC

*所在地 東京都港区六本木2-4-7
     パレスティデュオ六本木1401

*お問い合わせ info@tairabuyout.com

*URL http://tairabuyout.com/lp/2

平良俊郎氏の「フルオートメーションバイアウトビジネス!」 口コミは? 評判は? 評価:う〜ん、微妙です!

今回のファーは、

「1日6秒のクリック作業さえしてくれれば、
 私があなたに”お金をあげます”!
 難易度最底辺の新ビジネス!」

と、

「1日◯分で稼げます!」式の、煽ってばかりいる
ダメ商材が多い中…

1日6秒という”驚き”のオファーをしているのが、
平良俊郎氏です。

この商材には、別のランディングページもありますが、
たどり着くところは同じオファーになっています。

バイアウトビジネス2

ここでは、

インフォプレナーとしての平良俊郎氏自身をして、

”インターネットビジネス界の救世主”が遂に登場!

と、あたかも、今回ネットビジネス界に初めて登場したか
のように言っていますが、

実は、

平良俊郎氏が、自分を”ネットビジネス界の救世主”と言って
憚らない背景も、平良俊郎氏の経歴が示しています。

ランディングページで謳っている…
「これまで4000名のインターネットビジネスを学ぼうとする
 方々と向き合ってきた経験」
ということですが、

平良俊郎氏は過去に、”あの有名な”与沢翼氏の会社で働いて
いた経験もありますから、あながち”嘘”ではないでしょう。

また、

与沢翼氏と蝶乃舞氏がメインを務めた、”あの”受講生の
多くが稼げなくて苦情が続出した…
IBS高額塾「インターネットビジネススクール」

にも、社員として裏で関与していたという経歴があります。

さらに、

蝶乃舞氏や葉山直樹氏などと高額塾を手がけていたなど、

周辺には”怪しい噂”の飛ぶ人たちがおり、人脈はそれなりに
持っているはずです。

この他、

やはり与沢翼氏の息のかかった鈴木敏夫(トシオ)氏と組んで、

「チーターアフィリエイト完全伝承セミナー」という、あまり
評判の良くなかったセミナーも行っています。

一方で、販売会社である株式会社RVCを見てみると…

代表の川村優之介氏は、与沢翼氏の弟子として名が知られ、
与沢翼氏の”フリーエージェントスタイル”の幹部だった人物で、

過去には…

「猿真似ビジネス」、
「多人数式ー参加型のアフィリエイト学校」

などの商材も手がけてきました。

つまり、平良俊郎氏も川村優之介氏も、

ネット業界では、”いろいろ噂のある”人脈と繋がりがあると
いうことです。

そして、

そういう人脈はいろいろなビジネス商材も知っていますし、
商材の内容も、お互いで”良いとこどり”が出来る立場に
います。

ついで…ですけど、

ランディングページの”実践者の声”も、関係者の声が
”事実には反して”出てきます。

バイアウトビジネス4
バイアウトビジネス5

ここで登場する上田たくみ氏は、実存する人物で本名です。

上田たくみ氏は、

「2年越しの夢、ノウハウコレクター脱却を遂に達成
 しました」

と言っていますが、

実際は、

Facebook上のページでは、
肩書きが”Fomat 最高経営責任者”
となっていますし、

また、

”IBS塾1期生”…とも記載されています。

つまり、

パソコンも出来ない”ニート”ではなかったということ
です。

そして、

ここでも”噂の人脈”と繋がりのある人が登場している
ということなんですよね。

さて、平良俊郎氏の周りの人脈の話が長く続きましたが、

つまりは、

それだけの人脈とつながっているインフォプレナーと
販売者のオファーする商材ですから、いろいろと”裏”も
あるということを知っておくのも大事だということです。

ここで、ローンチのかかった一連の動画の1話目です。

第1話目の動画ですので、もちろん商材について詳しくは
言っていませんが、

・年収2000万円は可能
・リストマーケティングであり、リストマーケティングは
 最高のビジネスモデルである
・しかし、リストマーケティングは、集客、ライティング
 や情報収集・発信など難しいし、作業量が多い
・そこでツールの作成とシステム化を行って…実践者もいる

・即金性は業界No.1
・ライティングが全くない
・集客、商品作り、リスト教育、マネタイズ(販売)は
 全て助けを入れる
・テンプレートをコピーするだけ

というのが概要でした。

要は、リストマーケティングということですが…

ここは平良俊郎氏の言う通り…

リストマーケティングでは、

・まず媒体としてブログなどを用意し
・リストを集めて
・リストを教育して
・マネタイズ(販売する)

という流れが重要になります。

ですが、

これを完全に自動化するというのは、通常は無理です。

それを、平良俊郎氏は「ツールとシステム化」で…
”1日6秒で行う”と言っているのですが…

ここで、ランディングページにあったキャッチコピーを
見てみると…

バイアウトビジネス3

概要が、もう少しはっきり見えてきます。

つまり、

「秘密の裏ルートを使い、◯◯をバイアウト(売却)する」

ということになんですね!

ここで、

ネット上にある、”ステマ”とは言えませんけど、このオファー
に肯定的なある情報として…

この「バイアウトビジネス」のキモは、

・ツールでリストを自動的に集める。
・そのリストをRNVYCアフィリエイトセンターが、
 1件1000円で買い取ってくれる。
・RNVYCアフィリエイトセンターが、リストに対し
 オプトインのメルマガを配信する。

…である、というものがありますが、
そうだとすると、

このオファーの”意図”が垣間見えてきて、理解しやすく
なります。

つまり、今回のオファーの目的は、

平良俊郎氏と販売者側の、”リスト収集企画”の一環だと
いうことですね。

ランディングページにもありますが、

バイアウトビジネス7

平良俊郎氏と販売者側は、リスト集めに余念がありません。

1件1,800円の高額報酬ですよ?

これほど宣伝費をかけたとしても、平良俊郎氏と販売者側は、

その後の、

自身による”本格的”な、オプトインメルマガアフィリが展開
出来、大きな収益を目論むことが出来るというものです。

このオファーで平良俊郎氏は、テンプレートをコピペすると
言っていますが、

もちろん、

そんなコピペのペラサイトや、同じリストに同じコピーの
メルマガで、

儲かるわけがありません。

そんなことは、平良俊郎氏も、”これまでの経験”で分かって
いると考えるのが常識的でしょう。

何せ、平良俊郎氏や販売者側は、数千万円でリストを買い取り、
ネット業界の”寵児”と言われた与沢翼氏から強い影響を受けた
人たちですから…

「リストを集める」ことは、ビジネスの基本ということはイヤと
いうほど”叩き込まれて”います。

このオファーの購入者は”リストをもたらしてくれる”顧客です。

しかし、

その後その顧客がメルマガで”稼げない”としても…

とにかく、

リストに対しての報酬1000円を支払えば良いわけです。

それで顧客は、とりあえず”ビジネス”が成り立っているので、
その後メルマガで稼げないとしても、リストを集めることを
続ければ良いわけですから…

それ以上は、関わるつもりはないでしょう。

今までの、”その人脈”のビジネスモデルがそうであったように、
平良俊郎氏と販売業者も、その”伝統”を引き継いでいます。

まさに、

平良俊郎氏と販売業者にとっては「美味しいビジネス」でしょう。

この商材は、いろいろな面で”グレー”なところもあり、
商材購入者にとっては”紛らわしい”、
そして”煽られて”いる割には”稼げない”商材ということと、

”煽り立て”ておきながら、実際はオファーの提供者側が
一番美味しいところをとる商材として、

ここでの評価は、「う〜ん、微妙!」となりました。

このページの先頭へ