検証!「1ミニッツスパーク!」神条武氏 口コミ 評判!

1ミニッツスパーク1

<特定商法取引法に基づく表記>

*販売者 株式会社 Up Creation

*所在地 
東京都千代田区外神田2丁目1-8
     道伝ビルB2-2

*電話番号 03-6447-4542(運営事務局)
 受付時間10時~17時(土日祝休み)

*メールアドレス info@mbf-t.com

神条武氏の「1ミニッツスパーク!」 口コミは? 評判は? 評価:危険、要注意です!

実は、

この神条武氏のオファーによる「1ミニッツスパーク!」は、
数日前に公開終了となったのですが…

試しに入ってみるとまた公開になっているのと、

このオファーは、以前にも発売された商材と重なるため、
今後も、”違う商品名”や時期を変えて再公開することが
考えられるので、その際にもご参考になればと思います。

さて、

このオファーには、別のランディングページがあります。

1ミニッツスパーク2

どちらも同じ商材「1ミニッツスパーク!」につながりますが、
それぞれのLPは、宣伝の内容が対象者によってアプローチが
違う他に、

なんと、販売者も違っています。

最初の画像にある「特定商取引法に基づく表記では、
販売者は「株式会社 Up Creation」となっていますが、
この、神条武氏が画像に出ているオファーでは、

<特定商取引法に基づく表示>

*販売会社 合同会社TKP

*運営責任者 當房剛

*所在地 東京都港区南青山2-22-14 フォンテ青山

…となっていて、おまけに販売会社への連絡方法は住所のみで、
電話番号すらありません。

この辺で、オファーへの信頼感がずっと薄れてしまいますね。

実は、この神条武氏自身がポーズしているオファーの方が
先に出て来たようですけど、その後で、明らかにネット
ビジネスに興味のある初心者向けのオファーが出て…、

ここでは、いろいろ煽っていますね…。

1ミニッツスパーク7

いきなり、たった3クリックで、
「毎月70万円〜1000万円以上!」ですよ!

「話半分としても…と思う人が大勢いるのでは?」…
ですよね。

「…で、どうするの?」と思うと、

1ミニッツスパーク3

「登録すれば、分かる!」…ということです。

何をどうするということは、それこそローンチの手法を
とって、今すぐ具体的には分からないようになっていて、

1ミニッツスパーク4

1ミニッツスパーク5

…と、とにかく「すぐに登録する」ように急かしている
ようです。

典型的な「初心者煽り」のオファーですね。

一方で、その前に出た、神条武氏がポーズしている、まぁ
本命とも言えるこのオファーでは、ターゲットを定めて、
その手法はFXであることを匂わせながら…、

「いろいろ迷っている層」や、ネットビジネスの方法を
よく知らない、あるいは今まで成功していない層を対象に、
いろいろ扇動しています。

曰く:

「年平均720%の脅威のリターン!」
「大切なことは…たった一つのルールに守られるだけ!」

と単純なフレーズで興味を引き、

ネットビジネスには、アフィリエイトというやり方や、
やせどりや転売などのネット販売などいろいろある中で、
投資を行うことを推奨して、

神条武氏は、

「私は投資の初心者こそは、FXをすることを
 おススメします。」

…と、断言しています。

ランディングページでは、

「専門知識、経験、スキル、分析・大変な作業など
 一切不要です。」

と言っていますが、

そのやり方は、おそらく、自動売買のツールを利用し
稼ぐというやり方にせよ、

投資やFXには、専門知識や経験が不要かと言うと、

これは、必要なんですよね〜!

FXは、そんな甘いもんじゃありません。

またオファーでは、

1ミニッツスパーク6

などと、さも「専門的」な分析であるかのような
イメージを描いて、さらにテキストでも、

「マイナス金利の導入で今後、
銀行は逆に日銀に金利を

 払わなけばならくなりました。
 
 各銀行は日銀に
お金を預けているだけで、
 お金がどんどん減って
いくという状態です。

 これまでもゼロ金利政策により、
預けてもスズメの涙ほどの

 金利しか入ってきませんでしたが、

 とりあえずは、
安心と思っていた銀行が
 あなたが汗水たらして
働いてため込んできた現金預金を
 食い物にして、
気が付いた時には
 あなたの大事なお金が
どんどんなくなっていく・・・

 そんな未来が来てしまうかもしれません。」

と、知らない人が読むと、あたかもマトモな分析でである
かのように言って、不安を掻き立てています。

これは、投資系の商材の無料オファーでよく見られるパターン
の一つでしょう。

日銀がマイナス金利政策をとったので、銀行に預貯していると
お金がどんどんなくなっていく…というロジックで、
ネットビジネスの初心者や、いわゆる「情報弱者」と言われる
人に危機感を煽るんですよね…。

でも、これはあり得ないことです。

マイナス金利というのは、あくまで日銀と民間銀行の間での
金利で、民間の銀行がマイナス金利をするわけではありません。

万が一、民間銀行がマイナス金利になるとすれば、たちまち、
預金者が銀行に殺到し、貯金を引き落とそうとます。
いわゆる「取り付け騒ぎ」になり、銀行はつぶれてしまいます。

日銀は、民間銀行に、「お金を持っていれば損をするので、
投資しなさい」と、投資を促しているわけで…、

別に、民間銀行がマイナス金利を実行するというわけでは
ないのに、

いきなり、「マイナス金利で預貯金が減っていく」と
オファーで詭弁を語るのは、

初心者や、いわゆる情報弱者の危機感を煽り、「FXで口座を
開く」ように誘導しようとしているとしか考えられません。

いずれにせよ、オファーで、

FX為替相場での口座を、あたかも銀行の口座と同じような
認識で表現するのは、全く危険ですね。

なぜなら、

FXはあくまで為替相場なので、相場にお金を投じることは、
お金を損失する可能性もある以上、

銀行の預貯と同様とは考えられず、むしろ程遠いほど
だからです。

為替相場が銀行だと思って金を投じると、

場合によっては、マイナス金利で預貯金が目減りする
どころの騒ぎではなく、一気に預けたお金が消滅する
というリスクもあるわけです。

投資には、リスクが必ず伴います。
そして、
為替相場はそんなにカンタンなものではありません!

「たった一つのルール」やか、「1ミニッツスパーク」
というネーミングからもイメージできるように、

今回のオファーは、

FXにおいての、自動売買ツールの販売と、それに伴う
高額塾へと案内するものであると思われます。

そもそもFXというものは、

海外の通貨を売買してレートの差額で儲けるという投資で、
簡単に言えば、ドル/円で言うと円高になるか、円安になる
かを予想して取引をするというものです。

4000円程度の少額から始められるので、株の投資よりも
初心者向きではあるという考えもありながら、

所詮は、基本的に外国為替相場なので、誰もが絶対に勝ち続ける
ということはあり得ません。

FXは、投資額の25倍ものレバレッジを効かして取引ができる
ので、少額で高額な配当をもらう可能性もある一方で、
損をするときは投資額がなくなるということから、

「自分の資金以上に損をすることがないような仕組みやルール」
 があれば良い!」

と考える人も多いでしょう。

しかし一方で、

FXで大損した人は多いというのも、これまた事実です。

要因として、つい欲が出たとか、ポジションを決めて損きり
出来ずにズルズルと投資してみたりとか、その他いろいろ
あるでしょうが、

そうならないためには、

特に、

今のように、不安定な世界情勢の中で起こる為替相場の急な
変動の中では、

情報を読み、適切に対応することが必要です。
つまり、情報や知識、スキルは必要なんです。

「何も必要ない」と思い込んだ初心者に、そんな状況が
読めるでしょうか?
また、判断して対応することが出来るでしょうか?

今回の神条武氏の提供する「1ミニッツスパーク」とは、
要するに、そのような対象の初心者に販売するための、
独自のロジックで製作したと思われる、FXの自動売買
ツール、あるいは自動売買システムのことでしょう。

ローンチのかかった動画の第1話目では、どんなロジックか、
もちろん明かしてくれませんでしたが、

それは、そうでしょうね。

おそらく初心者にはさっぱり不明なロジックなので、最終的な
高額塾あるいは販売まで待たせてから一気に販売という展開で、
そこで内容を明かすということなのでしょう。

実は、

FXの自動売買ツールやシステムというものは、他の多くの
FX業者でも提供しており、有料のものもあれば、無料ツール
というものもあります。

しかし、

どんな信頼性の高いFX業者が提供するツールでも、
再現性96%と高い確率で勝ち続けるものはありません。

なぜなら、

相場の動向を完璧に読めるシステムなどないからです。

どんな優れた、巧緻なロジックで構築された自動売買ツールや
システムでも、FXで勝ち続けることは困難です。

というより、不可能です。

ですから、

毎月70万円~1000万円以上稼げるという煽り文句は、
信ぴょう性に極めて欠ける数字と言えるでしょう。

FXを行う上で、ある程度の裁量判断の目安としてツールを
利用するというのはアリかもしれませんが、

「たった一つのルール」とか、「1ミニッツスパーク」など
という言葉からイメージ出来るように、

エントリーと決済を全自動で繰り返していくようなツール
であれば、状況の変化によって、大事な資産がドーンと
減っていく可能性も大きくなることが考えられます。

少額での投資から…と考えているのであれば尚更ですが、

FXの自動売買ツールの多くは、ロスカットを防ぐために
損切りポイントが深めに設定されることが多く、そのため

ツールの予想通りに相場が動かなかった場合はのダメージは
半端じゃないほど大きいものになります。

深めの損切りポイントでも耐えられるくらいの、余分な資金が
あればあれば別でしょうが、多くの人が含み損に耐えられずに
強制ロスカットの上で退場していくのが現状です。

FXの自動売買ツールやシステムが普及したこともあって、
最近では、FX自動売買ツールや自動売買システムの商材も多い
ようですが、

「絶対勝てるツールやシステム!」と煽って高額塾に引き込み、
結局、高額の金額を支払いながら稼げない、という結果になる
ことも普通にある、というのが現実です。

そもそも、

もし、本当に稼げるツールがあるのであれば、
わざわざローンチ動画を撮影し、高額な宣伝費を掛けてまで
して売りさばく必要もないわけだし…、

煽ることなく、冷静に、正確で論理的な文言で、堂々と
市場に出せば、

ホンモノなら、もっと売れるはずではないでしょうか?!

この商材のオファーにおける手法は、

特に、対象とされる、

「いろいろ迷っている層」や、ネットビジネスの方法を
よく知らない、あるいは今まで成功していない層…

にとっては、危険であると言えますね!

よって、

ここでの評価は、「危険、要注意!」です。

このページの先頭へ