検証!「仮想通貨大百科!」松本敏彦氏、 口コミ 評判!

<特定商取法に基づく表示>

*販売業者 株式会社FintechCommunity

*運営責任者 上田吉孝

*所在地 福岡県福岡市中央区天神2‐3-10

*電話番号 なし
 (※お問い合わせはEメールでお願いいたします。)

*Eメールアドレス cryptocsp@gmail.com

*URL http://crypto-currency.media/cylp/

松本敏彦氏の「仮想通貨大百科!」 口コミは? 評判は? 評価:超危険、要注意です!

最近、ビットコインなどの仮想通貨に関するオファーが
頻繁に出回っていますね…。

最近の「迷惑メール」の内容は、この仮想通貨に関するもの
がほとんどで、よく調べると、いろいろな名前を使っている
ものの、同じ出所であるというのが、それも毎日…怒涛のよう
に送られて来ます。

今回のオファーは、一応は「オプトイン」のメルマガで
回って来たものですが、要は、知人や「煽りメルマガ」を
利用して、「今だ!」という感じで配信しまくっています。

さて、

本題の松本敏彦(太陽)氏の「仮想通貨大百科」ですが…

その前に、仮想通貨についてちょっと…。

仮想通貨は「暗号通貨」とも言われます。

通常、円やドル、ユーロや人民元などの通貨というものは、
その国の中央銀行などの公的な発行主体や管理者がいる
ものですが、

仮想通貨は、インターネットを通じて、不特定多数の間で
物品やサービスの対価に使用できる通貨で、公的な機関を
通さずに、専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元
などの通貨と交換出来るものです。
また、仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

簡単に言うと、仮想通貨は国境がないので、国と国との間を
インターネットを使って、現実のお金と同様に取引できる
デジタル通貨の事を言います。

仮想通貨は現金と同じように利用が出来る上に、よりスピー
ディに簡単に取引や支払が出来る点が魅力と言われてます。

仮想通貨(暗号通貨)のメリットとしては、

・通常の銀行などに比べ送金が早く、手数料が安い。
・同じ通貨を使用するため、為替にリスクがない。
・デジタルの通貨のため、現金を持たなくてもよい。
・中央銀行などの介入がないため、資産凍結の心配がない。
・ブロックチェーン技術によって、不正や改ざんができない。

などがありますが、一方でデミリットとしては、

・利用者に対する価値の保証が無い。
・闇市場を生みやすい。
・課税の逃げ道になる。
・マネーロンダリングに利用される。
・投資詐欺の可能性(国民生活センター平成29年3月30日報道)
(参照:Wikipedia)

など挙げられます。

「仮想通貨」については、2017年が仮想通貨元年とも言われ
ていて、ネット上でも昨年から、にわかに「仮想通貨」が
話題になってきています。

仮想通貨は時価総額であり、日本円から仮想通貨、
仮想通貨から日本円と交換することができます。

また、それぞれにレートやスプレッドが設けられていて、
仕組みは株取引やFXと良く似ていることもあり、そのため
投資目的で購入する人もいます。

ネット上でも、最近では取引所間での価格差で利益を得る
という手法を紹介している案件もあります。

また、仮想通貨ではビットコインが有名ですが、最近では
イーサリアムやリップルなども認知度が上がってきています。

前置きが長くなりました…

そこで、今回のこのオファーですが、

まず「売り」として、

アマゾンの総合ランキングで1位とか、他の11部門で1位
などと言っていますが、

もともと、

アマゾンという触媒を宣伝に利用するために、ランキングの
順位を操作する…というのは「よくある手」で…

身内とか仲間内で持ち上げれば、瞬時的にランキング1位に
なるのは難しいものではありません。

問題は、その「評価」ですが、これが実に酷い…。

「総合ランキングで1位、他の11の部門で1位」というのに、

7月25日の時点では、コメントはたったの6つ。
しかも、評価は「最低」の1!

当時のコメントは、

「基本の説明はすべてコピペ。
 誤字脱字も多過ぎ。」

「暗号通貨(仮想通貨)や投資を学ぶなら、もっと良い著書が
 あります。」

「文章も幼稚でまとまりがなく、わかりづらい。」

「役に立たないどころか、かえって貴重な時間と労力を損失
 しました。返してください」

などと、散々でした。

ところが、7月31日には…

「本著は7/22に発売された後、☆1のレビューが10個だけという
 最低評価でした。そこで7/25に商品ページを削除し、
 新しいレビューが次々とつき、とたんに評価が上がりました。
 それからこの後、情報商材のローンチが始まりますが、決して
 購入しないことです。約3000名近い被害が出ております。
 数十万単位から数百万、またそれ以上の負債を背負った人も
 います。
 進めてくる商材に関しては、必ず裏を取ってください。」
『コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています』

というように、明らかに「操作」されています。

ここで「被害」ということも出ていますが、

実は、この松本敏彦氏は以前…「D9 club」という案件で、
現在は「集団訴訟」を起こされています。


http://aoi-law.com/article/d9sener/

少し具体的に訴訟の部分について説明すると…
(少々長くなりますが…)

「本件は,複数の勧誘者らが,設立後13年以上継続している
 ブラジル法人であるとされる「D9Club」に「投資」する
 ことより,著しく高率の配当(紹介ボーナスやバイナリ―ボー
 ナス等の複数の配当あるいは報酬があるが,このうち52週に
 わたり出資者に毎週支払われる配当のみでも週利3~8%程度
 となる。)を得られるなどと喧伝するなどして,主要勧誘組織
 統括者から,マルチ商法の手法を用いて下位の勧誘者を拡大
 し,さらに 被害者を拡大させていくという組織的勧誘により
 投資金名下に資金を集めたが,資金を勧誘上位者らに対して
 分配するなどして費消し,「配当」はもちろん,投資金として
 出捐させた資金の返金にも応じないという事案(以下,「D9
 商法」という)である。」

さすがに「集団訴訟」というべきか、概論では個人名も挙げて、

「さらに,D9商法の日本国内での拡散において不可欠な役割を
 担ったのが,上位勧誘者ら及びそのマルチ様の下部組織(勧誘
 グループ)である。
 首謀者に近い最上位勧誘者としては「藤山カルロス」がおり,
 他に,「湯田」,「柿野」,「佐藤」,「泉」,「松本」など
 が知られており,「湯田」や「柿野」は2017年4月の
 1周年コンベンションの開催にも携わっていたようである。
 これらの者の下に「JOKER」「D9塾佐藤」「泉・太陽」
 など複数の勧誘グループが存在し,これら勧誘グループにより
 D9商法への出資の勧誘が組織的に行われていた。
 勧誘には,投資・アフィリエイト塾や「ONE MESSAGE」,
 「ラベメ」などの代理店が活用されていた。
 D9商法の勧誘組織がそのまま,Sener,ビットリージョン等
 ほかのHYIP(High Yield Investment Program)商法の
 勧誘に用いられる事例も散見される。」

…とあります。
(参照:あおい法律事務所ホームページ)
 http://aoi-law.com/article/d9sener/

まぁ、この「仮想通貨大百科」を釣りとして、新しい展開を
ローンチ商法で始めようとしているのでしょうが…

この「仮想通貨大百科」は、仮想通貨を全く知らない人が
読むとある程度の「説明」にはなるかもしれませんが、
その程度の知識は、ネットで検索すればすぐわかります。

また、仮想通貨の用語などは説明していても、「稼ぐ」と
いうことに関して、その手法については全く触れていない
ので、これでは稼げません。

この案件は、おそらく高額塾など高額なスクールの展開では
なく、

おそらく、他の「有名人」も巻き込んだコミュニティーへの
勧誘に繋がると思われますが、

だとしたら、現在は集団訴訟事件となっている「D9 club」と
同じようなケースになるのではないでしょうか?

最近、ニュースでもビットコインの分裂騒動が話題になって
いますが、日本の取引所はいったん取引を停止して、トラブル
を未然に防ぐために対策を行いました。

今日の産経新聞では、

「ビットコイン」きょう分裂へ 中国発の新仮想通貨「BCC」
 誕生 併存で価格乱高下も…」

…というように、市場も揺れているようです。

まともな投資を行うには、ある程度安定した市場が必要ですが、

市場が不安定だったり、バブルのような状況だと、このように
「一攫千金を狙う〇〇師」類の輩が暗躍するんでしょうね…。

ピットコインなどの仮想通貨は、ITの発展と共に、今後とも
デジタル通貨として確立されていくのでしょうが、

このオファーに関しては、以前の「D9 club」の延長という
側面がありますので、十分に気をつけてください。

ここでの評価は、「超危険!要注意!」です。

このページの先頭へ