検証!「シャレにならないほど簡単な年収1000万円の稼ぎ方!」上田航平氏 口コミ 評判!

上田航平1

<特定商取引法に基づく表記>

*運営責任者 株式会社WorldWide

*所在地 東京都渋谷区渋谷3-10-4 プライムメゾン渋谷902

*メールアドレス info@world-wide.tokyo

上田航平氏の「シャレにならないほど簡単な年収1000万円の稼ぎ方!」 口コミは? 評判は? 評価:危険、要注意です!

何とも…オファーのタイトルとしては…

「…で、何をするの?」

と、ハテナがつきそうな長いタイトルのこのオファー…

実は、最近あちこちで猛烈な無料オファー攻撃を仕掛けて
来て、URLをクリックするといくつものサイトに飛びます。

ところが、これらはみな同じオファーなんです。

そして、それぞれ違うタイトルがついています。

この「シャレにならないほど簡単な年収1000万円の稼ぎ方!」
の他にも…

上田航平2

このオファーは、

「億万長者のアルバイト!」というタイトルです。

「カチッと音が鳴るたびに諭吉さんが
 おサイフから死ぬまで吹き出し続ける。」

と、威勢のいいことを言っています。

「1回クリックしてカチッと設置すれば
 一生つづく7万円の不労収入をもたらす。」

などと、ここまで来ると妙な匂いがしてきますね。

そして、他にもこんなオファーが来て…

ここでは、初めてYouTubeの名前が出てきます。

上田航平3

セールスレターでは、

「もう、YouTubeは…絶滅危惧種になってしまいました!」

というキャッチフレーズですから、注目は集めます。

「今までのYouTubeは、実はもう死んでいます」と言って
いますが、その根拠は…

「毎日ネタやおもしろい動画をたくさんあげていなければ
 人気がなくなり、すぐに忘れられてしまいます。」

と、”一発屋芸人”を例えに挙げています。

しかし、同じセールスレターで上田航平氏は、

「一度投稿した画像は消さない限り
 不労収入を発生させる資産になります・」

と、つじつまの合わないことを言っていますが…

これでは、レターに書かれていることの信ぴょう性が
なくなりますね。

とにかく…

これらいくつものオファーが、結果的に同じものであることは、
すべてのセールスレターから、同じ動画のレターにたどり着く
ことでわかります。

動画ですが…

これは第1話の動画です。

「何かヒントがあるだろう!」と、期待しないでください。
長々と、フィリピンで優雅な旅人を演じているだけです。

第1話ではYouTubeはおろか、稼ぐ方法については
何も語っていませんし、

長々と観光の旅の様子だけですので、何も言えません。

セールスレターで上田航平氏は、

YouTubeのさじ加減で、収入が決まってしまうと、
最近のYouTubeの広告収入単価の現象を例にあげて…

新しい方法で、なんのリスクもなくYouTubeから
安定的に収入をあげている!

と言っていますが…

いくつものセールスレターを見ると、辻褄の合わないことも
出てきます。

「動画に3つの資産を設置するだけで
 カチッと音が鳴れば
 月30万円以上の利益確定!」

と言っていますが。

それだと、タイトルの年収1000万円には到底達しません。

そうかと思うと…

「9日後には7万円
 18日後には21万円
 36日後には56万円」

と、トータルで言っていることが違っています。

セールスレターやキャッチコピーも、基がしっかりして
いないと、いろいろ矛盾することが出てきますね。

「スタートから9日後には7万円の現金収入を
 働かずに手に入れる方法を無料で受け取る!」

と登録を促していますが、

その方法を無料で配布することはありません!
方法は、動画では決して明かしません。

このような「猛烈」な無料オファー攻撃には、
必ず「高額塾」が仕掛けられています。

また、YouTubeで利益を得る方法については、今までにも
このサイトで紹介した…

「ハンモックYouTubeファミリー」や
「YouTubeレスポンスマーケティング」

などがありますが、

その他にもいろいろなツールがあります。

それらのツールの販売にも高額塾がありましたが、
今回も同じでしょう。

これらの高額塾を受講しても、簡単なツールだけで
YouTubeでお金を稼ぐことは出来ません。

YouTubeで視聴者が多い動画は、的を得た適切な動画、
トレンドな動画やおもしろいものなど、
ある意味一定の法則があり、

ただ動画を投稿してタグをいじるくらいでは、お金は
稼げないのです。

「猛烈なメルマガ攻撃」を仕掛けてきたオファーですが、

内容的にも、また後から来る高額塾のことも考え合わせて、
このオファーの評価は、「危険、要注意!」となりました。

このページの先頭へ