副業について

web%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%81%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%82%92%e6%b1%82%e3%82%81%e3%81%a6

「副業」とは?

「副業」というと、

ニュアンス的には、例えば何かの「本業」を持っていて、
それで生計を立てながら、その他に、何かを「副業」と
して、副収入を得る…

というのがイメージでしょうね。

その場合の収入は、少ないものから、場合によっては、
本業の収入より多くなるものもあるかもしれません。

もし、本業で十分な生計を立てられるのであれば、

副業で得た収入は「貯金する」するとか、他の「好きな
こと」にも使われるので「余裕!」なんでしょうけど…

もし…

本業がうまくいかないとか、勤め先が危なくなってくる、
あるいは、本業からの収入が足りない時などは…

何かの副業に、頼らざるを得なくなってしまいます。

何れにしても、

「副業」というのは、何かの本業が別にあって、それを
補充したり、あるいは生計を得るものです。

もし、副業の収入が本業を凌いだり、あるいは副業の収入が
主になった場合にも「副業」と言えるのかということですが…

例えば「役者の卵」や「画家の卵」、「売れない芸人」とか、
それに加えて、主婦や学生とかニートまで含めて考えると…

「本業」と言えども、場合によっては収入が少ない、あるい
は収入が全くない、ということもあるわけです。

だとすると、

何かの副業を持つということは、「安心」につながり、
場合によっては、生きていく上で「必要」なものでも
あるでしょう。

今の世の中を考えると、それこそ、一瞬先が見えなくなる
ことが多いですから…

「副業としてのネットビジネス」

副業には、いろいろな種類やジャンルがあります。

1日8時間の仕事をして、空いた時間にどこかの
コンビニで働く…

ということもあるでしょう。

でも、

本業で1日8時間の仕事を終えて、それからまた別の仕事
に向かう…というのは、実際にはかなりの労働力です。

本業と合わせて1日12〜13時間も働くとなると本当にキツイ
ですし、時給に計算してみると、案外と低いかもしれません。

ですから、副業に何をするかということは、自分自身の
付加価値を考えることでもあります。

ここで、リアルビジネスとネットビジネスというのを
考えてみましょう。

リアルビジネスとは、レストランや飲食店、工場や営業会社
など、それぞれ実際に店舗や人員などの資産を持つもので、
それには経費や営業費などを含め、かなりの資金が必要です。

何をするにも、最低100万円くらいの資金が必要になるで
しょう。

そのうえ、それがうまくいくとは限らないので、元を取るま
でにはかなりの年数を必要とする場合も多いかもしれません。

これに比べて、ネットビジネスでは、資金が圧倒的に少なくて
済みます。

パソコン一台とネット環境があればどこでも、いつでも出来る
ので、店舗も人員もいりません。

どこでも出来る!

いつでも出来る!

資金がかからない!

と良いところばかりですが、例えば資金について、まったく
かからないかと言えば、そうでもありません。

時には、サーバー代とかドメイン代が年に数千円かかりますし、
ネットビジネスをスムーズに行うための、いくつかのツールも
必要になります。

しかし、いずれにしてもリアルビジネスのような大きな資金
ではありません。

ネットビジネスには、即金性はあるけど長続きさせるのが難しい
ものや、最初の構築の時期はお金を稼がないけど、あとから
半自動的に稼ぐようになるもの、あるいは自分の知っているもの
を売るというビジネスまで、いろいろあります。

「ネットの副業」

ネットで副業を考える場合、それが即金性のあるものか、
それとも定期的にお金を稼ぐものか、資金は必要なのか
などによって、いろいろな手段を選択することが出来ます。

*即収入性のあるもの

・ポイントサイト
・自己アフィリエイト
・不必要品のネット販売
・ライティング、コピーなどの事務作業
・その他、即収入性のあるもの

*継続性のあるもの

・アフィリエイト
・物販(輸出・輸入なども含めて)
・せどり
・FX
・投資
・株
・商材販売

など、その他にもあるでしょう。

即金性のあるポイントサイトなど、早ければ1日に
2万円くらいならすぐいくかもしれませんが、
それにはかなりの手間がかかります。

長く続けようとしても、次から次と新しいポイント
サイトに誘導され、段々サイトが増えて、かつ
ポイントが貯まるのに時間がかかります。

自己アフィリエイトは、よくネットビジネスの初期段階に
人から「即金性があるから」と勧められるものですが…

まず、自己アフィリエイトとは、自分のブログやサイトに
アフィリエイトを貼り、普通はそれを「踏む(クリック)」
するのは禁止されていますが、自分で「踏んで」も良い
アフィリエイトのことです。

ただ、例えばカードの発行などは自己アフィリエイト報酬も
多いのですが、何度も発行できません。

半年か一年に一度発行するくらいの頻度でないと、発行が
出来なくなります。

また、いろいろな商品で自己アフィリエイト出来るものが
ありますが、実際に購入するので、その分お金がかかります。

必要あるものだと良いですが、必要のないものまで買って
しまうのは、自己アフィリが欲しいといって、結局は
無駄遣いになってしまう危険性もあります。

不用品のネット販売は、例えば自分の家にある不必要なもの
を、Amazonやヤフオクなどを利用して販売することです。

このやり方でちょっとした資金を稼ぎ、やがて「せどり」と
いう、安い商品を見つけて、ネットで高く売る・という
ジャンルの仕事に繋げていった人も大勢います。

この場合、特に初期の場合には、物を梱包して発送すると
いう作業をしなければいけません。

しかし、この流れが軌道に乗り継続化、また多様化してくると
仕入れや梱包、発送まで外注して行うことも出来ます。

継続性のあるものとして、これは「うまくいっている」ことを
条件に‥ですが、投資やFXなどがあります。

投資やFXでは、それに対する前知識とある程度の資金が必要
になります。

経験のある、あるいは実績のある人でも、投資やFXでは
失敗をします。負けてしまうことです。

その場合、損害は小さいと良いですが、大きいと甚大な
被害を被るので、投資やFXの場合は覚悟を決めてかかる
ことが必要です。

初期費用が少なく、比較的簡単に出来るのはアフィリエイト
です。

アフィリエイトとは、ブログやサイトなどである商品やものを
紹介し、その紹介をクリックされたり、紹介を通して購入に
至った場合に、報酬を得るというものです。

一般的には、何かの検索をした時にその検索のページに出て
いるGoogleのアドセンス広告がありますし、今ではどの
サイト、ブログにいっても、いわゆるADと呼ばれる広告の
リンクが貼ってあります。

アフィリエイトは、サイトやブログのページにそれを作成する
のは比較的簡単ですが、実際に報酬が出るまでの道は、それほ
ど簡単ではありません。

サイトやブログなどのアフィリエイトでは、結果が出るために
「集客」という壁を越えなければいけません。

ここでいう集客とは、そのサイトやブログのアクセス数です。

1日のアクセス数が少ないと、アフィリエイトの収益につながり
ません。

そこで、アフィリエイトするサイトやブログに、いわゆるSEO
対策を行い、検索で上位にくるようにしたり、被リンクを増や
していくなど、集客作業を行わなければなりません。

アフィリエイトで難しいのは、アフィリエイトのテクニックでは
なく、この構築の準備期間が長くて待てない人が多いことでも
分かるように、「稼ぐ手段」を構築することです。

つまり、じっと待つ…というより、結果を出すまでの過程を
しっかり出来ないで、途中で挫折するケースが多いという
ことです。

その経過を越えさえすれば、アフィリエイトは効果的なネット
ビジネスの代表的なものと言えるでしょう。

アフィリエイトには、

・サイト・ブログアフィリエイト

・メルマガアフィリエイト

・YouTubeやツイッターなどのSNSアフィリエイト

など、いろいろなジャンルのアフィリエイトがあります。

このページの先頭へ