ネットで稼ぐ!

パソコン1

1.インターネットで稼ぐ方法!

「インターネットを使って、お金を稼ぎたい!」

・時間のある時に、お小遣い稼ぎをしたい。
・今の仕事に不安があるから、何か副業的なものが欲しい。
・パソコンの仕事はソコソコ出来るし、何か「儲けること」
 を探してみたい。
・リアルビジネスよりも、ネットビジネスを…!

などなど、人はそれぞれ違うモチベーションがあるでしょうが、
「ネットで稼ぎたい!」と思う人は、年々増加する一方です。

ところが、ネットビジネスをまだやったことのない人が、いざ
ビジネスをやろうと思うと、いろいろな疑問が出てきます。

◉初心者の、初歩的な疑問

まず浮かぶのは、

「何を?」、「どうやって?」という基本的な課題でしょう。

そこで、ここではこのサイトの固定ページでもある「副業に
ついて」に挙げられたネットビジネスのいくつかを見ながら、
「ネットで稼ぐ」ことへのチャレンジと、その過程を見てみた
いと思います。

まず、視点の一つは「資金があるかないか?」
もう一つは、「スキルが求められるか?」

そして、これは意外と重要なことですが、「自分に向いて
いるかどうか?」です。

これらを考えながら、もし、「資金もスキルもない!」
…という方にオススメは、

まず、

・ポイントサイト
・自己アフィリエイト
・不必要品のネット販売

などで、「とりあえず稼いでみる」ことをオススメします。

これらは「即金性」があり、特に「今までネットでビジネスを
やったことのない方」には、簡単で、しかも、「不必要品の
ネット販売」の際に、YahooやAmazonなどの会員費以外は、
費用はかかりません。

つまり、ノーリスクです。

ただ…、

「副業について」でも触れましたが、それぞれにはメリット
とデミリット、あるいは限界ということもあります。

◉ポイントサイトの利用

ポイントサイトは「即金性」があり、「○万円」というレベル
に達することもありますが、お金になるポイントの加算率が
低いため、そこまで行くにはかなりの時間がかかります。

また、ポイントを稼ぐために次から次と新しいポイントサイト
に誘導され、ポイントを貯めては、次々と登録されるサイトで
またポイント稼ぎをするという流れになりやすく、気がつくと、
多くの時間をかけても、現金化するまでのポイントが中々稼ぎ
にくいという結果にもなりかねません。

つまり、「即金性はあるが時間がかかり、稼ぐには不効率」
ということが往々にしてあるということです。

このポイントサイトの中には、懸賞金やアンケートなどの
ジャンルもありますが、

要は、「これで稼ごう!」と狙いを定めるより、あくまでも
「塵も積もれば山となる」式に、お小遣い稼ぎと考える方が
良いでしょう。

◉ポイントサイトの例:

1.ちょびリッチ
ポイントサイト1
http://www.chobirich.com/

2.ポイントインカム
ポイントサイト2
http://pointi.jp/

3.ECナビ
ポイントサイト3
http://ecnavi.jp/

4.ハピタス
ポイントサイト4
http://hapitas.jp/

5.お財布.com
ポイントサイト5
http://osaifu.com/

◉アンケートサイトの例:

1.マクロミル
アンケート1
http://monitor.macromill.com/

2.infoQ
アンケート2
https://infoq.jp/

3.リサーチパネル
アンケート3
https://research-panel.jp/

◉「在宅副業」サイト

在宅の副業は、自宅でデータ入力や内職など、いろいろな
ジャンルに分かれていて、これは副業の総合サイトから、
自分に適したものを選択するのが良いでしょう。
代表的な「副業ランキング」がありますのでご覧下さい。

在宅副業は、自分で出来ることを希望する方がほとんどと思わ
れますが、ライティングなどの書き込みなどは比較的簡単に
出来る反面、どうしても報酬単価が安くなり、よく募集にある
ような額に達するのは大変なことが往々にしてあります。

「毎日1~2時間の仕事」などと謳っているものが多いとは
いえ、実際にやってみると意外に時間がかかり、時給にすると
本当に微々たるもの…というのが現実です。

また中には、「せどり」などの物販で、ネット販売の価格を
比較する「お手伝い」的な仕事もありますが、これも実際に
やってみると「相当な時間と労力を必要」ということが多い
ので、少しやってみて、時間と労力、それに報酬などを考え
ると…

「いっその事、自分でネットビジネスをやったほうが得!」
となりかねません。

ここは、「あくまで副業!」というように割り切る方が良い
でしょう。

「家で出来る仕事人気ランキング」
副業ランキング1
http://sigotorank.sakura.ne.jp/

◉ネットオークション

1.楽天オークション
ネット販売1
http://auction.rakuten.co.jp/

2.Yahooオークション(ヤフオク)
ネット販売2
http://auctions.yahoo.co.jp/

◉自己アフィリエイト

「自己アフィリエイト」については、このサイトの固定
ページでもある「副業について」と、カテゴリーにある
「アフィリエイト」でも述べていますので、ここでは割愛
させていただきます。

何れにしても、「自己アフィリエイト」は継続性がある
わけではありませんので、あくまでも「初期資金」を得る
まで「とりあえず」…、と考える方が良いでしょう。

◉即収入性のあるものから、継続・展開するビジネスへ

まず「即収入性」のあるもので「ネットで稼ぐ」ことを体験
した上で、そこから「継続性」のあるビジネスを試してみる
ことをオススメします。

継続性のあるネットビジネスとしては、下記のものがあります。

・アフィリエイト
・せどり、物販(輸出・輸入なども含めて)
・投資、株、FXなど
・商材販売

2.ネットビジネスの神話と実像!

◉アクセス数と成果

ネットビジネスで、特にブログやサイトを使ってのアフィリ
エイトやネットショップなどにおいては、「アクセス数」が
最も大切であると言われています。

「どんなに良いブログやサイトを作っても、アクセス数が少ない
と成果は出ない!」とか、

あるいは逆に、

「簡単なブログやサイトでも、アクセス数が多いと自然に成果が
上がる」など、

アクセス数というのは、重要な要素に違いありません。

一般的に、

「アクセス数300で、購入数が1」
「成果率は、アクセス数の1%」

などというのが通説ですが、
実はこれは「神話」のようなもので…

実際は、アクセス数が1日300あったとしても、必ずしも1個の
成果が出るとは限りません。

まず、

ブログやサイトを作成してもすぐにアクセスが上がるわけもな
く、初めは1日のアスセス数が50を超えることは難しいと言える
うえに、

1日のアクセス数が100を超えるようになるまでには、時間もかか
りますし、また何かの検索をして、自分のブログやサイトが上位
に位置するようにするためには、キーワードや被リンクなど、
いわゆる「SEO対策」も必要になります。

また、例えば、

芸能やスポーツなどのニュースなどに特化した「トレンドサイ
ト」のようなブログやサイトでは、1日に300を超えるアクセス
数が得られることがあるかもしれませんが、

しかし、だからと言って、1日にいくつものアフィリエイトの
成果が上げられるかというと、必ずしもそうではありません。

第一に、そのようなアクセス数が多いトレンド系のブログや
サイトは、それこそ検索の上位にくるようでなければ、競争も
激しく、しかも自分のブログやサイトも「読まれない」という
ことも多いわけです。

きちんとSEO対策がとられているようなブログやサイトで、
1日のアクセス数が300を超え、月平均約15000というよう
にまで伸びても、数ヶ月に1件の成果しか得られないという
こともザラにあるわけです。

サイトやブログの運営に当たっては、もちろんアクセス数が
増えるように「1日のアクセス数300」を目標にすることは
ある意味大切ですが、

「アクセス数」と同様に、いや「それ以上」に大切なのは、
「コンテンツ」、つまり載せている「内容」の良し悪しで
あると言えます。

自分のブログやサイトが、

「どの人を対象にしているのか?」
「訪問してくれる人が読みたい記事があるか?」
「アフィリエイトは、見てくれる人を対象にしているか?」

など、あくまでも「読者」に向けたブログ・サイトであるか、
また、その読者を「引きつけることが出来ているか?」が、
最も大切になってきます。

その上で、アクセス数を伸ばす努力が必要なのは、言うまでも
ありません。

◉SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)について

ここでいうSNSとは、簡単に言うとFacebookやTwitter,、
YouTubeやInstagramなど、情報発信と交流を目的とする
ネットメディアのことです。

これらのSNSの拡散力というのは、一般のブログやサイト
などと比べると、比較にならないほど大きいものです。

その巨大な市場とも言えるYouTubeやTwitterなどのSNSを
使ったアフィリエイトに関する商材も、後を絶たないほど、
次から次へと販売されています。

確かに、例えばTwitterなど、今では指定した時間に自動的に
アフィリエイトを流してくれるツールもありますし、効果的に
思えるのですが、

ここにも、ある「落とし穴」があります。

例えば、

Twitterの場合、「フォロアー数の確保」の重要性が言われま
すし、「フォロアー数を増やす」ことが「キモ」ともされて
います。

確かに、フォロアー数がネットで通常言われるような数に達し
たとしても、方程式のように成果が出るかというと、これまた
確かではありません。

Twitterを利用されている方はわかると思いますが、

Twitterでは、フォローが多ければ多いほど、記事の流れが早く
なり、ほんの数秒程度で「新しいツイートがあります」という
表示が出て、トップにあった記事はすぐ飛ばされて、それこそ
きちんと読んだり、考えたりしている暇もないほどです。

短文の記事がドンドン進んでいき、読者の目に止まらないうち
に次から次へと新しいツィートが出てきますから、よっぽど
自分が注目したり関心のある記事でもない限りは、「読まれて
いない」ことがしばしばです。

YouTubeでは、動画の中にアフィリエイト広告が出てくるのが
普通ですが、実際にその広告をクリックするのは、どのくらい
の割合になるでしょう?

何かの動画を見る時に、その中に出てくる広告は「煩わしい」
と消してしまうというのが現実ではないでしょうか?

また、特にYouTubeの場合、クリック報酬の単価は年々低く
なっている傾向なので、相当数のクリック率がなければ成果に
つながりません。

なので、ここでもいわゆる方程式通りの成果を期待するより、
正直言って、「塵も積もれば山となる」式に考えるのが妥当
と思われます。

Twitterの場合も、文章を考え何回も記事を流すなど、いろいろ
工夫をすれば、やがては成果につながることもあるかもしれま
せんが、「フォロアー数の○%の成果」というような数字は、
実際にやってみると、正に「神話」としか聞こえません。

いずれにしても、単にそのような「神話的」な数値を信じるより
も、気長に成果を狙うというように考える方が良いでしょう。

3.ツールの活用!

ネットビジネスには、ブログやサイトを使ってのアフィリエイト
や、せどりやネット販売、FXや投資系などいろいろありますが、
ビジネスを効果的にするためには、ツールというものが必要に
なる場合があります。

仕事を効率的にするため、あるいは自分の出来ないこと、また
時間を節約するためなど、自分一人で行うビジネスには、それ
なりのツールは、ある意味「必要不可欠」です。

ここでは、いろいろなビジネスに使えるツールをいくつか紹介
します。

◉サイト作成

「ワードプレス(wordpress)
https://ja.wordpress.org/

・オープンソースのブログソフトウェア
・登録するだけで、無料のブログ・サイト作成
・世界中で圧倒的なシェアを獲得

「WiX」
http://ja.wix.com/

・イスラエル発のウエブサイトビルダー
・日本語に完全対応
・豊富なテンプレートと高度な機能拡張

「Jimdo」
http://jp.jimdo.com/

・初心者でも始められる制作ツール
・世界中で1000万以上のホームページ
・スマホ対応で高い可読性

「webnode」
https://www.webnode.jp/

・ドラッグ&ドロップの簡単操作
・初心者に優しい
・無料版でも、いらない広告を非表示で運営できる

◉アフィリエイト

「賢威」
http://www.seo-keni.jp/ 

・Wordpressと併用して効果を上げる
・SEO対策を強化
・検索上位を狙うには最適

「GoodKeyword」
http://goodkeyword.net/

・キーワード検索ツール
・キーワードの選択に便利
・Googleサジェストワードを検索できる

◉せどり・ネット販売

「モノレート」
http://mnrate.com/

・Amazonの商品ランキングと価格推移を表示する
・ウエブサイト
・せどりで仕入れる商品を選択するのに便利

「せどりの翼アルバトロス」(有料)
http://kamimaru.info/albatross-lp/index.html

・Amazonが出品していない商品の検索も
・初心者から中級者以上まで広く使える
・新品出品者の少ない商品をターゲットに便利

「せどりキング」(有料)
http://www.internal.co.jp/products/marketing/sedoriking/about/ 

・せどり総合ツール
・購入は月額でなく買い切り商材
・小口出品にも対応で、初心者にもオススメ

◉FX、株、投資など

「GMOクリック証券」
https://www.click-sec.com/

・FX預かり資産、国内第1位
・多機能かつ高性能な取引ツール
・レートが見やすく、ワンクリックでの発注画面

「外為オンライン」
http://www.gaitameonline.com/

・ハイブリッドチャート採用
・初心者でもわかりやすいサポート
・独特のユニークな取引ツール

「外為どっとコム」
http://www.gaitame.com/

・使いやすいアプリタイプの取引ツール
・レートアラートやチャート画面での様々な機能
・ユニークな「経済指標フラッシュ!」機能

◉ブログパーツ

「おきてがみ」
http://okitegami.jp/

・ブログ管理者同士のコミュニケーション
・ブログ・サイトのアクセス上昇
・読者が増える

4.ビジネスの構築!

◉ビジネスモデル

ビジネスモデルというものは、小さなお店や、大きな企業に
いたるまで、事業を起こす場合やビジネスを進める上で、い
ろいろなアイディアを凝らして確立していくものです。

ここで「ネットビジネス」というのは、店舗を構えてお客さん
に現物の商品を売るという「リアルビジネス」ではなく、

インターネットを利用して商品や情報を販売するという
「ネットビジネス」というビジネスモデルのことです。

本来無料で、いつでもどこでも、宇宙的に膨大な情報が飛び
交い、今や誰でも簡単に利用できるインターネット…!

そんなインターネットを利用して「お金を稼ぎたい!」と
考える人は、ネット人口の増加に比例して今後も増大して
いくでしょう。

ネットを利用したビジネスモデルを考える時には、

「簡単に!」
「無料で!」
「労働をしないで!」
「好きな時間に!」

などと考える人が多いと思いますが、

実際、ネットを利用してお金を稼ぐというのは、
例えば「ポイントサイト」や「アンケート」、また
「懸賞サイト」など、登録さえすれば、ある程度お金を稼ぐ
ことは難しいことではありません。

また、「不用品の販売」として、自分のいらなくなったものを
ヤフオクやAmazonなどを通して販売するのも、さほど困難で
はありません。

しかし、前にも述べたように、これらの手段は即金性があるとは
いえ、1日に何万円も稼ぐには報酬単価が低過ぎます。
つまり、時間的な拘束を考えると「割に合わない」ということに
なりがちで、結局は長く続かないでしょう。

一方で、例えば「不用品のネット販売」などを経験された方は、
「安いものを仕入れて高く売る」ことを体験して、「せどり」や
「物販系」のビジネスに入るのが比較的容易になります。

しかし、「せどり」にしろ「物販」にしろ、商品を仕入れて発送
するという労力が必要になりますし、また商品を仕入れて在庫す
るということで、収入を増やすためにはより多くの労力をかける
か、あるいは、「仕入れ → 在庫 → 納入と発送」というものを
外部の業者に委託して行うというシステムを構築しなければなり
ません。

また、株やFXなどの投資系のビジネスは、まずある程度の資金が
必要になり、さらには「損失」も覚悟しなければならないため、
ネットビジネスの初心者には結構負担がかかります。

そのため、それらの投資というものに関心が深いか、はっきり
言えば「一か八か」の賭け事のようなものに対する感性という
ものも必要といえるでしょうし、また、一日中株価や為替の動き
をチェックするなど、労力やスキルも必要になります。

◉即金性のビジネスから、不労所得へ

即金性のあるものから、継続して稼いだりより多くの収入を
目指す場合には、前にも述べましたが、やはり、

アフィリエイトやせどり・物販、あるいは投資系のビジネスや、
「知識・情報」の販売(コンテンツビジネス)へと進んでいく
のがオススメです。

簡単に言えば、終局的には「何もしないで稼ぐ!」という、
「不労所得」の方向へ、仕組みを構築していくことです。

◉不労所得のモデル

「アフィリエイト」モデルの場合、

・クリック課金型(Google AdSense、YouTubeなど)
・クッキー報酬型(楽天アフィリエイト)
・成約報酬型(ブログ・サイトアフィリエイト)

などは、一度「稼げる仕組み」を構築すれば成果に繋がりやすい
のですが、読者が継続的に訪れるように、あるいはアクセス数を
もっと伸ばすために、ブログ・サイトの更新や、コンテンツの
見直しなど、やはり労力がかかり、時間も取られます。

アフィリエイトで成功するためには、もちろん労力や時間は必要
ですが、それらをより少ない方法で、より多くの読者に届くよう
な工夫をすることによって、「少ない労力・時間で、より多くの
収益を目指す」システムを構築していくことが望まれます。

例えば、

・アフィリエイト報酬で成果をあげるシステム作り
⬇︎
・メルマガ・アフィリエイト
⬇︎
・知識や情報などの商品化(コンテンツビジネス)

…と進んで行くシステムを構築していくことです。

実際のところ、

「より多く稼いでいる人」は、「稼いでいない人」よりも、
もっと労力をかけ、そのための時間を惜しまない人である
と言えるかもしれませんが、

アフィリエイトで「本当に稼いでいる人」の多くは、これらの
システムを構築して、より「不労所得」に近いものに到達する
ように努力しています。

ネットビジネスを指向する人にとって「不労所得」は一つの
理想かもしれませんが、そこに向かっていくことで、収入は
多くなり、またより多くの人の関心を得ることにつながって
いくことでしょう。

このページの先頭へ